住んでいる家のインテリアの重要性

住む家が生活の質を変える

インテリアとは家や建物の内装全般のことを指しますが、その中でも特に家具、家電、部屋を飾る雑貨など、動かすことの出来るもののことや、実用的で必要な物よりも飾って楽しむもののことを呼ぶようになっています。
衣食住は生活の基本ですが、衣と食に比べると住は後回しにされがちです。しかし、人間は無意識の内にいま居る空間、見えているものに精神や体調が影響されるものです。住環境をきちんとすることで、生活の質にもいい影響を与えます。好きな色やデザインの内装の家に住むことで、気持ちが明るくなったりリラックスでき、気分が仕事や体調にも関わってきます。住宅のインテリアは住む人の生活を支えているくらい意外と重要なものと言えます。

最近のインテリアの流行

少し前まではシンプルで出来るだけものを少なくし、生活感のない空間が人気のテイストでした。高級な家具や、デザイン性に優れた雑貨を少しだけ飾るようなインテリアが主流で人気も高まっていました。
現在は、その反動からか、だんだんデコラティブなものが好まれるようになっています。色数を抑えつつもたくさんのアイテムを壁に飾ったり、小さいものを賑やかに飾るインテリアの人気が上昇しています。
お金をかけずに自分らしいインテリアを楽しんでいる人が増えています。わざとペンキをかすれさせたり、錆びた風に仕上げるシャビーシック風の雑貨を手作りして楽しんでいる人が多くいます。100円ショップなどの材料を駆使して、気分に合わせて好きな雑貨を作っている人が増えています。

狭小住宅は、狭いながらにも間取りを工夫することで、家族が快適に暮らせるスペースを十分確保できます。坪数を少なくすることで、住宅ローンを安く済ませられるというメリットからも人気があります。