インテリア1つで大きく変わる部屋の雰囲気

どのような部屋にしたいのかイメージを固めよう

椅子やテーブル、棚など部屋にインテリアを置く場合、最初に部屋のイメージを固めることが大切です。何も考えずに棚などを揃えた場合、統一感のないちぐはぐな雰囲気の部屋になってしまう可能性があります。事前に部屋のイメージを固めておくことによって、統一感のあるインテリアが選びやすくなります。
部屋のイメージを固めるためには、自分が部屋でどのように過ごしたいのか考えることも大切です。リラックスできる部屋にしたいならば、自分の好きな落ち着いた色を取り入れる方法もあります。清潔感を出したいならば、白で統一するのも選択肢の1つです。特にリビングについて考える場合、その部屋で一番多く過ごす時に、どのような府に気を大事にしたいか考えることで、より良い雰囲気の部屋作りに繋がります。

ピッタリのインテリア探し

具体的に部屋のイメージが固まったら、いよいよピッタリのインテリアを探していくことになります。インテリアを選ぶ場合は、最初に配置を考えることも忘れてはいけません。棚を配置したい場合、置く場所が決まっていないければ、どのくらいのサイズの棚を購入するべきか見えてきません。家の中の寸法を測り、置きたい棚やテーブルのサイズを検討する必要があります。余裕があれば、紙などを使って、ミニサイズの模型を作ってみるのも1つの手です。サイズや色を変えて、部屋に配置してみることによって、具体的な部屋のイメージもしやすくなります。買って配置してからだと、買い直しや模様替えは面倒な作業となるため、購入前にできる限り具体的にイメージを膨らませてから、インテリアを購入することが大切です。

今後、設計事務所を選定するのに当たっては、様々な情報を集めて具体的な評価をしていくことが大切な要素となります。